使い方

ツバキオイルの親和するメカニズム

ツバキオイルは、肌の表面(角質層)から吸い込まれていきます。角質層には皮脂の膜があり、浸透したツバキオイルは皮脂と”親和”することによって、自らも皮脂膜として働き始めるのです。つまり洗顔後のように、皮脂膜が不足し肌につっぱり感が出た時など皮脂膜代わりになって、事前にトラブルを防いでくれるのです。

❀お肌の乾燥でお悩みの方におすすめはこちら

ツバキオイルは日本人の皮フに最適!!
私たちの健康な皮フから分泌される脂肪分(皮脂)には”トリグリセリド”という成分が約60%含まれています。この成分はツバキオイルに”オレイン酸トリグリセリド”という形で85%以上も含まれています。ツバキオイルは皮脂に含まれている主成分と極めて似た性質を持ち、化粧用オイルとしては、最もふさわしいものといえるでしょう。

❀いつまでもみずみずしい肌でいたい方におすすめはこちら

 

ツバキオイルの美肌効果

皮脂とは皮フの正面を覆っている油分のこと。皮脂は天然のスキンオイルです。この油分が不足すると潤いが保てなくなり、様々なトラブルを招きます。ツバキオイルには皮脂の主成分オレイン酸トリグリセリドが85%以上も含まれているため、不足している皮脂を補ってくれるのです。

■ツバキオイルは肌の新陳代謝を正常に保ちます。
ツバキオイルは肌にスムーズに浸透し、表皮の全ての細胞に働きかけ保護して、真皮の新陳代謝を活性化し、正常な働きを促すことにより、新しい角質層が作られていく訳です。角質とはもともと体内に水分を保つためのものですから、新陳代謝が正常に行われれば自然と潤いは保てるのです。

■ツバキオイルで深部洗顔。
肌に浸透したツバキオイルは、肌の奥の汚れをやわらかくし、正常の洗顔では落とせない汚れもとれやすくします。

■ツバキオイルで肌のハリと艶を保ちます。
肌の艶、なめらかさに難があるのも、皮脂の量が不足しているからです。皮脂が不足して角質層が固くなると、皮フがカサカサに、つっぱってしまいます。肌を若々しく保つには、皮脂と同じ成分のツバキオイルをたっぷりと補って、肌の保湿力とハリを高める必要があります。

■ツバキオイルは脂性肌やニキビ肌にも効果的です。
ニキビ肌はトリグリセリドが極端に少なく、遊離脂肪酸が多くなっています。遊離脂肪酸は肌に損傷を与え、炎症を誘発しニキビになります。ですから洗顔で遊離脂肪酸を取り除き、不足しているトリグリセリド(ツバキオイルの主成分)を補えばよいのです。

■ツバキオイルは肌のくすみを回復させます。
肌のくすみは水分の喪失による肌のやせ細りが原因です。細胞がやせ、肌が縮むとその部分の肌の色素の密度が高くなり、皮フはくすんで見えます。これも保湿成分の不足によるトラブルですから、ツバキオイルで回復することができます。

健康的で美しい髪を持つ女性は魅力的です。

あなたの髪は傷んではいませんか?傷んで艶のない髪は人に暗い印象を与えます。健やかな美しい髪を持つ女性は輝いて、それだけで魅力的なものです。
傷んでいるあなたの髪に、ツバキオイルの魔法のエッセンスをあげて下さい。天然ツバキ100%のオイルだから、髪と地肌にやさしく作用し、毛髪に自然なハリと艶を取り戻してくれます。

❀髪のパサつきが気になる方におすすめはこちら

 

ツバキオイルのヘアケア効果

皮脂とは頭皮を覆っている油分のこと。皮脂は天然のヘアオイル。この油分が不足するとフケや髪のトラブルの原因になります。ツバキオイルは皮脂に極めて近い成分ですので、不足している油分を補ってくれます。

■頭皮・毛髪を健やかに保ちます。
地肌から浸透したツバキオイルは、皮脂の分泌を正常に保ち、頭皮を保護します。また、地肌の新陳代謝を促し、毛根の働きを活発にしてつややかな髪を育てます。

■ツバキオイルを吸収した毛髪は安定して油分を保ちます。
ツバキオイルを吸収した毛髪は、ある程度の油分を保ち、髪に艶とハリを与えます。ツバキオイルは”不乾性油”という特徴を持ち、数日間油分を保ったまま乾かず、しなやかな状態を持続させます。

■フケをおさえます。
頭皮が油分を失い乾燥し不健康な状態になれば、必然的にフケを生じます。ツバキオイルを補えば皮脂のバランスが整い、根本からフケは出なくなります。

■枝毛・切れ毛を防ぎます。
枝毛・切れ毛は、水分・油分のバランスが悪くなった時におきます。
ツバキオイルで油分を補いますと、毛髪の内側と表面から水分と油分のバランスを整え、枝毛・切れ毛を防ぎます。

ツバキオイルのサイエンス

ツバキオイルは”不乾性油”です。
多くの植物油は半乾性油に分類されますが、ツバキオイルは”不乾性油”に属します。”不乾性油”とは乾燥しないという意味で、肌に吸収された後も肌を保護し続けるということなのです。

ツバキオイルは酸化しにくい
油が空気に触れて酸化すると、トラブルの原因になります。
酸化というのは油の分子に酸素がくっついて変質してしまうことをいいます。ツバキオイルの主成分オレイン酸は、酸素と結合しうる手を1つしか持たないため、非常に酸化しにくいのです。そのため油自体から生じる酸化物によって肌を傷める危険が少なく、時間がたっても肌を健全に保護します。

ツバキオイルの使い方

●髪の傷みの気になる方
洗髪後、髪全体にまんべんなくゆきわたらせ、すり込むようにマッサージして下さい。また、洗髪前にマッサージしておけば、より一層効果的です。

●乾燥した髪の方
シャンプー後、湯に適量入れ、髪を流して下さい。水分と油分を同時に補い、トリートメント効果があります。

●つやのない髪の方
洗髪後、髪と頭皮によくすり込んで下さい。
栄養を補い、つやのある髪をつくります。

●ふけの出やすい方
洗髪前に頭皮によくすり込んでマッサージして、しばらくおいて下さい。乾燥を防ぎ、フケをおさえます。

ツバキオイルはマッサージする程、より頭皮に浸透し、効果の持続を発揮します。又、オイル特有のベトつきがなく、さらりとした使用感で栄養を補い、トラブルから髪を守ります。
洗髪の度にお使い下さい。より一層の効果を発揮します。